中里久美子の婚活支援ブログ

新出生前診断がスタートして一ヵ月後が・・・

[ 更新日: 2013/04/29 ]

赤ちゃんが授かり その時にどうしますか?私も考えます。

妊婦の血液で胎児のダウン症などの染色体異常がわかる新型の出生前診断がスタートして一ヶ月が経ちます。8病院で約280組が検査を受け 結果の出た約100組のうち1組が「陽性」だった。ある新聞社が15病院に取材した。染色体異常や検査の限界などを説明する遺伝カウンセリングを受けて 19組が取りやめたり 保留していた。大半が高齢妊娠による不安から検査を受けていたと書いてあった。検査を受けた夫婦に一言が書いてあり、「検査を受けるか 陽性ならどうするか 二つの決断をせまられた。陰性結果にお産の不安が一つ消えた」「どんな結果が出ても産むと決めていた。それでも 自分の子供のことだから 少しでも早く知りたかった」「確率的に大丈夫だろうと思っていたけど 陰性でほっとしたのがホンネ」皆さんのお気持ちは 私も親として理解できる。私だったらどうするかと考えてもみたが・・・難しい
結婚して授かった子供 皆さんも迷いますよね。私の時などはこんな事など考えてもいなかったが 今のように風疹が流行していた時期でした。ご夫婦お二人で良く話し合って考えていただきたいと思います。

婚活支援ブログナビ

青梅の結婚相談所、全国仲人連合会 河辺支部では、入間市、福生市、羽村市、昭島市、あきる野市
多摩地区など、特に青梅市近郊にお住まいの皆さまからは勿論、広域からのご相談をお待ちしています。

東京・青梅の結婚相談所です。20歳以上の独身の方のみご利用可

全国仲人連合会

結婚相談所のパイオニア

CopyRight(C)2010-14 結婚相談所 河辺支部 All Rights Reserved

Powered By acseo