中里久美子の婚活支援ブログ

「産婦人科学会、注意呼びかけ」新聞記事より

[ 更新日: 2013/05/08 ]

出産時の事故で思い脳性まひになった赤ちゃん・・・

pic1

出産時の事故で思い脳性まひになった赤ちゃん188人の3割に陣痛促進剤が使われうち8割は薬の量が基準より多いなど不適切な使用だった。日本医療機能評価機構が7日 報告書を公表した。日本産婦人科学会の2010年の調査では 難しいお産を主に扱う大学病院などでの出産8万3千件のうち 25㌫で陣痛促進剤が使われていた。昼間の出産を望んだり 出産日を調節したりする目的で使う例は大きく減っている。薬を使う必要性やリスクを妊婦に十分説明が無かったり。会員さんが結婚し折角授かった命を如何守るか。お産経験の私としても 大切な赤ちゃんが無事に生まれてきてくれるように知識としても 婚活男女も勉強していってほしいと思います。
◎朝の青梅と入間の茶畑風景です。今日は富士山もくっきり。キジの夫婦も芝桜の畑で見れました。 

婚活支援ブログナビ

青梅の結婚相談所、全国仲人連合会 河辺支部では、入間市、福生市、羽村市、昭島市、あきる野市
多摩地区など、特に青梅市近郊にお住まいの皆さまからは勿論、広域からのご相談をお待ちしています。

東京・青梅の結婚相談所です。20歳以上の独身の方のみご利用可

全国仲人連合会

結婚相談所のパイオニア

CopyRight(C)2010-14 結婚相談所 河辺支部 All Rights Reserved

Powered By acseo